京都市京セラ美術館での撮影許可申請サイト「京都市京セラ美術館 撮影リザーブ」 京都市京セラ美術館での撮影許可申請サイト「京都市京セラ美術館 撮影リザーブ」

  • 京都市京セラ美術館の京セラスクエアを背景にしたウェディングドレス姿の新婦

Scroll

ウェディングや広告・商用写真、
映画の撮影を
美術館の特別な空間で。

京都市京セラ美術館では、敷地エリア・館内での撮影を当ウェブサイトより受け付けております。
広告・商用撮影やウェディング、映画やドラマ等のコンテンツを、
特別な空間で撮影いただけます。

京都市京セラ美術館 東エントランスロビーからガラス越しに見える緑の美しい庭

京都市京セラ美術館について

1933年創建の京都市京セラ美術館本館は、現存する日本の公立美術館では最も古い美術館建築です。いわゆる帝冠様式を代表する建築で、以来、第二次世界大戦をまたいで85年以上の歴史を誇ります。
また、2020年に行われた大規模リニューアルでは、歴史的美術館建築である本館を、保存しながら新たな機能・魅力を付加したことが評価され、様々な賞を受賞しています。

撮影種別TYPE

撮影エリアAREA

  • 京セラスクエア(京都市京セラ美術館内)

    京セラスクエア

  • 中央ホール(京都市京セラ美術館内)

    中央ホール

  • 京都市京セラ美術館の 旧正面玄関(西玄関)大階段

    旧正面玄関(西玄関)大階段

  • 東山キューブテラス(京都市京セラ美術館内)

    東山キューブテラス

  • 日本庭園(京都市京セラ美術館)

    日本庭園

  • 東エントランスロビー(京都市京セラ美術館内)

    東エントランスロビー

  • 談話室(京都市京セラ美術館内)

    談話室

※天候、展覧会の設営等の関係で日によっては
撮影できないエリアもございます。

instagram@photo_kyotocitykyoceramuseum

撮影エリアの紹介や撮影例を
インスタグラムにて更新しています

    よくあるご質問FAQ

    • 利用可能時間はいつですか?
      原則休館日である毎週月曜日(ただし祝日は開館)は午前8時〜午後8時まで、開館日は午前8時〜10時もしくは午後6時〜8時の間が撮影可能な時間枠となります。設営、撤収時間もこの中に含みます。時期、日程により使用が制限される場合もあります。
    • 複数のエリアで撮影はできますか?
      事前にご提出いただく申請書に記載をいただければ可能です。
    • ブーケなど小物の持ち込みはできますか?
      作品への影響を踏まえ、建物内はドライフラワー、生花、小物の持ち込みは一切お断りしております。小物をお持ち込みご希望の場合は、必ず事前にご相談ください。事前申請のないグッズは全てお断りしております。
    • YouTubeなど動画コンテンツの撮影はできますか?
      スチール撮影、動画撮影どちらも撮影可能です。撮影種類によって料金設定が異なりますので、料金はお問い合わせください。
    • 撮影クルーや機材を含まず、ロケ地としての利用のみの申し込みはできますか?
      全ての撮影種別において、ロケ地としてのお申し込みが可能です。
    • 事前の下見はできますか?
      事前にご提出いただく申請書にてお申し込みください。1社1回が原則となります。日程によっては対応できない場合もございます。
    • キャンセルはできますか?
      撮影3日前のお昼12:00までにキャンセルのご連絡をお願いします。